Qualityクオリティ

FACILITY

快適さと心地よさを追求し、家計にも優しい充実の設備・仕様。

足元からじんわり暖まる心地よさが魅力の頭寒足熱の理想的な暖房です。
約40℃〜60℃の温水を床材の下に敷いた温水マットに循環させ、お部屋全体を暖めます。

●弊社試算条件にもとづくシミュレーションによるものであり、試算結果はあくまで一例です。実際の光熱費は、各家庭でお使いの機器、使用状況などの条件によって異なります。 <試算条件>
●給湯負荷15,843MJ、暖房負荷10,200MJ(「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説」を元に東邦ガスで算定)。暖房給湯器の場合、従来型暖房給湯器は床暖トクトク料金標準プラン、エコジョーズは床暖トクトク料金エコジョーズプラン※4。従量料金単価は全て2020年9月時点。ガス料金は、原料調整費および、消費税を含む料金。基本料金は加算せず。
※1:床暖トクトク料金およびエコジョーズ料金のご契約にはお客さまのお申込みが必要です。詳しくは東邦ガスホームページまたは東邦ガスおトクダイヤルまで。

Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)

空気の層によって、暖房熱を逃がさず、結露を防ぐペアガラス。また紫外線もカットするなど、室内を快適に保ちます。

4時間経過しても約2.5℃しか温度が低下しない驚くべき保温性能。家族の誰もが好きな時に、快適バスタイムを楽しめます。

保温浴槽
4時間経過しても約-2.5℃

<試験条件>
JIS基準:ユニットバス周囲温度10℃、浴槽湯量は深さ70%、断熱ふろふたを閉じたままの状態で4時間後の温度低下が2.5℃以下。

年間で約3,300円お得!!(ガス代)

<試験条件>
昇温条件=1.88℃昇温(中間期想定) 水使用量=お湯はり量(深さ70%・210L) ガス使用量=水使用量×ガス消費量換算係数(1.162E-04㎡/kcal)×1.88℃昇温

SECURITY

小さなこだわりで大きな安心をもたらす、先進のセキュリティ。

防犯と風雨から暮らしを守る電動式シャッター

リビングの引違い窓に、防犯効果があり雨風から窓を守る電動式のシャッターを取り付けてます。

電動式シャッター

※電動式シャッターは1階一部窓に設置しております。

暮らしに「ゆとり」をもたらすインターホンの誕生

自宅にいるときのように、お子さまが帰宅時にカメラ付玄関子機を押すことで、スマホとリアルタイム通話が可能になります。

インターホン

●アプリのインストールによりスマートフォンと簡単に連動できます。

STRUCTURE

確かな調査と強固な構造・工法で、住まいの安心・安全を支えます。

地盤調査

周辺地域の履歴調査など各データをもとに地耐力を総合的に判断し、状況に応じて適切な地盤改良工事を行います。さらに、住宅用の調査方法として実績のあるスウェーデン式サウンディング調査を実施しております。

地盤調査

ツーバイフォー〈2×4〉工法の強さの秘密

ツーバイフォー〈2×4〉工法が地震に強い理由は、「面」による6面体(床・壁・天井)で構成されているからです。一般的な従来工法は、柱・梁による「線」と「点」によって建物を支えているため柱や接合部に負荷が集中し無理がかかって変形してしまいます。

ツーバイフォー〈2×4〉工法
大地震が来ても約97%は損傷無し!(総務省調べ)

湿気を軽減し耐久性を維持する基礎パッキン工法

基礎と土台の間にパッキンを入れ、四方から空気を取り入れる基礎パッキン工法を採用。基礎のコンクリートと土台が直接接触しないため、腐食菌やシロアリの発生を抑えます。また基礎に換気用の開口部を設けることがないため、基礎の強度を損なうことがありません。

基礎パッキン工法

非ホルムアルデヒド発散建材 F☆☆☆☆(フォースター)

内装材・接着剤に非ホルマリン系の界面活性剤を使用したクロス用接着剤をはじめ、部資材においてもホルムアルデヒド放射量F☆☆☆☆を採用し、住む人の安心と健康に配慮した仕様になっています。

【フラット35】Sとは、【フラット35】※をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅を取得される場合に、借入金利を一定期間引き下げる制度です。

※【フラット20】などを含みます。

【フラット35】の借入金利から 年▲0.25%

基礎着工前に地盤調査を行い、調査結果を元に解析。建物が不同沈下しない地盤をご提供いたします。万が一の不同沈下に備えて、建物完成から20年間損害を補償する体制をとっています。

ベタ基礎工法

建物の下部の基礎部分を一体化し、鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造です。地盤に接する面が従来の布基礎工法よりも大きく、建物が不揃いに沈下する不同沈下を防止する効果があります。地震などの衝撃にも効果的に力を地盤に逃がすことで地震による被害を最小限にすることができます。

ベタ基礎工法

床や壁の構造材がファイヤーストップとなって空気の流れを遮断

ツーバイフォー〈2×4〉工法では、火の通り道となる床や壁の構造材などがファイヤーストップとなって空気の流れを遮断し、火が燃え広がるのをくい止めます。また、火災保険も割安な省令準耐火構造です。

床や壁の構造材
[省令準耐火構造の認定]ツーバイフォー〈2×4〉工法は、省令準耐火構造の認定を受けています。省令準耐火物は、火災保険の構造区分で準耐火物と同等の区分となり、火災保険料が割安となります。

住宅性能評価

国土交通大臣登録の住宅性能評価機関が、法律に基づき住宅の性能を客観的に評価、表示する制度です。

設計性能評価(取得済)・建設性能評価(取得済)

性能表示制度における耐震性能に基準

性能表示制度における耐震性能に基準

※掲載の距離表示ついては地図上の概算距離を算出したのもので、徒歩は80mを1分として算出(端数切り上げ)しています。時間帯・交通事情などにより、さらに時間を要する場合がありますので予めご了承ください。