CONCEPT

岳⾒の頂きを継ぐ邸。

遠くの空が夕陽に染まり出す時間、
辺りはまだ明るい。
起伏を抜けるたびに
お屋敷と呼ばれる美しい邸宅が次々に顔を出す。
そういえば邸宅地と呼ばれる街はなぜか、高台にある。
その見晴らしの良さから
景勝地として栄えてきたからなのだろうか。
そこに佇む建物、何気ない薫りや音、そして人、
そこにある暮らしのすべてが
街の風景を創ってきたのだと、
歩を進めながら、ふと考えてしまう。
鳥の羽音で丘の上に目を向ける。
陽に照らされ深く陰影を刻み、
粛然とその存在感を讃え佇む。
丘を建築するという思想を具現化した造形も
この街の風景として語り継がれていくだろう。

遠くの空が夕陽に染まり出す時間。
高台ならではの起伏を抜けるたびに
美しい邸宅が次々に顔を出す。
街の風景を創っているのは
何気ない薫りや音、そして人や建物、
そこにある暮らしのすべてなのだと
歩を進めながら、ふと考えてしまう。
鳥の羽音で丘の上に目を向ける。
陽に照らされ深く陰影を刻み、
粛然とその存在感を讃え佇む。
その邸宅も、この丘の風景として
語り継がれていくことだろう。

現地周辺写真

土地の記憶を残す
樹齢60年を超す山桜を移植・保存しました。

従前地には歴史深い山桜が植えられており、毎年、春の便りを運んでくれていました。
「プレディア瑞穂岳見町」では、この山桜を保存するために
敷地内に住む方の憩いの場となる広大な庭園「櫻雅の庭」をプランニングし、移植作業を行いました。
この土地の風趣を語り継ぎながら、1,100坪超の広大な敷地に彩りを添えてくれます。
そして、静かに住人を見守り続け、引きつづき春の便りを運んでくれることでしょう。

敷地内移植後の桜(2020年1月撮影)

❖ 岳見町の由来

昭和18年(1943年)昭和区弥富町の一部が分離して成立。
昭和19年の行政区変更により現在の瑞穂区となりました。
町名は、晴れた日には木曽の御岳山がよく見える
小高い丘であったことから名づけられたと言われています。

❖ 八事丘陵地における都市開発

木々の生い茂る小高い丘だった八事丘陵地は
「住宅と調和した森林の方が遊山にも適している」という考えのもと、
「理想の林間住宅都市」を目指して開発が進められました。
岳見町が属する弥富地区もその影響をうけ、後の別荘地の基礎となりました。

※都市計画家の黒谷了太郎氏が提唱した田園都市論「山林都市構想」より。

別荘地の風趣を受け継ぐ、
品格の丘陵地。

Boulogne 約1,290m(徒歩15分)

焼きたてのパンが香る裏通り

現地周辺写真

季節をつげる桜色のトンネル

現地周辺写真

緑ゆたかな静かな丘の街

弥富公園 約560m(徒歩7分)

青空と樹の香りが思い出になる

夏空 約980m(徒歩13分)

街の風景でもある小粋な店先

現地周辺写真

継承する八事丘陵の品格

資料請求はこちら